システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

図書館は、資料を収集し、その資料を利用者に提供するという使命をもっています。資料は利用されなくては存在価値がないですが、利用されることによって確実に劣化が進むこともまた事実です。

国立国会図書館によりますと、代表的な図書館資料である図書の劣化は、外的要因と内的要因に分類されるそうです。外的要因とはカビ、温度湿度等保管環境によるもので、内的要因とは、利用者や図書館員による資料の不適切な扱いによるもの(人的要因)です。

片山ゼミでは、現在、図書館員と利用者の双方に調査することによって以下の2点を明らかにしようと必死です。

①利用者はどのように図書館資料を扱っているのか、不適切な扱いを理解しているのか
②図書館員はどのような人的被害に悩まされいてるのか

人的要因による図書館資料の汚破損を軽減する方策も検討し発表できたらと思っています。応援よろしくお願いします☆

PDF icon 52_2018poster.pdf

図書館総合展 2018

掲示番号

52

出展団体

聖徳大学文学部図書館情報コース片山ゼミ

webサイト

https://faculty.seitoku.ac.jp/literature/

共同出展

株式会社すばる