システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

 国立国会図書館では2010年に国立国会図書館サーチを公開し、2015年に「国立国会図書館サーチ連携拡張に係る実施計画」を定め、様々な機関と連携してきました。 
 一方、最近では、国の分野統合ポータルであるジャパンサーチが公開され、オープンデータの推進の中でメタデータの利活用のためのライセンス表示が推奨されているなど、国立国会図書館サーチをとりまく状況は大きく変化しています。
 本フォーラムでは、国立国会図書館サーチの書籍等分野・図書館領域のつなぎ役としての役割について説明します。ついで、宮城県図書館、慶應義塾大学メディアセンター、三重県立図書館の担当者から、国立国会図書館サーチとのデジタルアーカイブ連携や県域総合目録構築の取組についてご紹介いただき、さらに、これからの国立国会図書館サーチとの連携のあり方について、パネルディスカッションを行います。

2019年11月12日 (火)

15:30 - 17:00

第1会場

登壇者

  • 報告 : 川瀬直人 国立国会図書館電子情報部電子情報サービス課主査
  • 報告 : 日野文都 宮城県図書館企画管理部企画協力班主任主査
  • 報告 : 稲木 竜 慶應義塾大学メディアセンター本部電子情報環境担当
  • 報告 : 垣内志織 三重県立図書館企画総務課主任
  • モデレーター : 原田隆史 同志社大学教授/国立国会図書館非常勤調査員
  • 閉会挨拶 : 佐藤毅彦 国立国会図書館電子情報部長
  • 司会 : 小澤弘太 国立国会図書館電子情報部電子情報サービス課課長補佐

申し込み・問い合せ先

国立国会図書館 総務部総務課広報係

webサイト

https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/lff2019.html

twitter

https://twitter.com/NDLJP