システム移行に伴いtopページが変わります。

「図書館総合展」ウェブサイトは、システム移行に伴いtopページが変わりました(2021年7月)。

web検索等によりこのページに来られた方は、下掲のページ(topページ)をHPとしてご登録ください。

https://libraryfair.jp/

  • 現在、ご覧いただいているページのコンテンツ(2019年以前の内容)も引き続きアーカイブとしてご覧いただけます。新サイトからもこのアーカイブをたどれます。
  • 新サイトでは、アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。ご登録後、ログインしてご覧ください。
  • これまでこの旧サイト上でご登録いただきましたアカウント制は停止します。新サイトのアカウントへの移行はありませんのであらためてご登録ください(旧アカウントにご登録いただきました情報は小展運営委規程に基づき責任をもって破棄・消去いたします。)

 

▼意見交換会 オープンサイエンスのために大学図書館は何ができるのか?

【講演&パネルディスカッション】

急速に進みつつある「オープンサイエンス」は、サイエンスのプロセス自体のオープン化を目指すものであり、根本的なスキームの見直しが必要です。先行している欧米では図書館が積極的に参画していますが、日本の大学図書館は、どのように動くべきなのでしょうか?機関リポジトリをサイエンスのプラットフォームとなりうるのでしょうか?
短い時間ですがディスカッションの場を設けたいと思います。

司会・進行: 三角太郎(千葉大学附属図書館)

2015年11月11日 (水)

14:45 - 15:15

第5会場

共催

  • デジタルリポジトリ連合(DRF)

登壇者